くも膜下出血をアロマテラピーで予防するために。リスクファクターを抑えるこの2つの精油 ①



photo credit: an untrained eye via photopin cc


◇突然襲うくも膜下出血の恐怖

脳卒中のひとつくも膜下出血は
死亡率が50%以上と非常に高く

また予兆もなく突然に襲ってくる症状として
突然死の大きな原因となり
非常に怖い病気です。 

一般的には女性のほうが
男性より発症率が高いとされています。 (約2倍)

 しかし特徴として、若い40代、50代では 
男性の発症率が高いようです。 

働き盛りの男性が突然命を奪われるケース
多いのは このためです。 




スポンサーリンク



◇くも膜下出血の原因

激しい頭痛ともに突然襲ってくるこの病気は
予兆がないといわれていますが 

その発生原因を考えると 
リスクとされている原因がいくつかあります。 

くも膜下出血の原因は多くの場合
脳を包むくも膜の内側の血管に脳動脈瘤がおこり 
それが破裂するために起こります。 

 この脳動脈瘤の決定的な原因は特定されていないのですが
リスクファクターとして 

 家族の遺伝的要因、加齢、高血圧、飲酒、喫煙、ストレス 
 などがあげられています。 

 激しい頭痛や継続的な頭痛がある場合は
 早めの医師への相談が必要です。 



◇アロマテラピーでリスクファクターに取り組む

その上でアロマセラピーとして 
くも膜下出血予防で取り組めることは
これらリスクファクターに 取り組むことでしょう。 

特に高血圧、ストレスの緩和
アロマテラピーの得意な分野です。

アロマには 血圧を穏やかに鎮静させ
ストレスを緩和してくれる精油が多くあります。 

その中でも、とくに 高血圧
ストレス対策に適した精油をご紹介します。



◇マージョラム


 ・マージョラム(スウィートマージョラム)

山の精油とよばれ、古代から長寿のハーブとして
利用されてきたマージョラムには多彩な効能があります。 

その中のひとつの作用として
動脈を拡張し、心臓の緊張を解き 
血圧を下げるため 高血圧や心臓障害に
使われてきた歴史があります。

実際そしてこの精油のリラックスさせてくれる
鎮静効果はすさまじいものです。

仕事などで緊張が続き頭に上った血も
この香りを嗅ぐだけでも
サーっと穏やかに引いていくのが解ります。


睡眠障害などにも利用されるほど
強いリラックスを与えてくれるため 
毎日の緊張を解き、ストレスを緩和してくれ 
よい眠りで心身の疲れを解いてくれます。 

甘すぎず、香りを味わえば味わうほど
多彩な深みのあるハーバルな香り
熱烈なファンが多く
女性はもちろん 大人の男性にも人気です。 

アロマバスにしたり、就寝時に枕元で香らせたり
アロマトリートメントで肩や首筋の緊張をといたり 
すばらしい作用が期待できるこのマージョラム。

ぜひ、高血圧、ストレスそしてくも膜下出血予防のためにも
日ごろの生活に取り入れて見て下さい。 



くも膜下出血予防に役立つアロマテラピー。 
引き続きもうひとつの精油をご紹介します。
2つめの精油はこちら






●サロンにもぜひいらして下さいね!
奥山修司サロンホームページ

現在のキャンペーンはこちら

お客様の声、コメント




スポンサーリンク

Next
Previous
Click here for Comments

0 コメント: