くも膜下出血をアロマテラピーで予防するために。リスクファクターを抑えるこの2つの精油 ② イランイラン



photo credit: kiiiir via photopin cc


脳卒中のひとつで、働き盛りの男性にも突然死
のリスクが高いくも膜下出血

前回記事(くも膜下出血をアロマテラピーで予防するために。
リスクファクターを抑えるこの2つの精油 ①)では
血圧のコントロールが重要であることと
マジョラムの精油をご紹介しました。

今回は、もうひとつのくも膜下出血を予防するのに
有効な精油をご紹介します



スポンサーリンク




◇ イランイラン

東南アジア原産の熱帯の花、イランイラン。

エキゾチックで情熱的なこの花のアロマは
神経鎮静作用と血圧降下作用という
大きな特徴を持っています。

過剰な神経の高ぶりを抑え、リラックスさせ
血圧を穏やかに降下させてくれます


イライラをおさえ、穏やかな気持ちにして
ゆっくりとした眠りに導いてくれる。

イランイランを上手く生活に取り組むことで
緊張が続く日々の生活のストレスを解放し
高くなりすぎた血圧を抑えて

くも膜下出血などの突然の
発病を防いでくれるでしょう。


イランイランの魅力は
鎮静させながらも感情の高揚感を
与えてくれること。

熱帯の花らしく
どこか開放的な気持ちにしてくれます。

ですので、抑うつなどにも効果的。

アロマテラピーらしい、生命力を感じさせて
心身のバランスをとってくれる
魅力的な精油です。






●サロンにもぜひいらして下さいね!
奥山修司サロンホームページ

現在のキャンペーンはこちら

お客様の声、コメント


スポンサーリンク

Next
Previous
Click here for Comments

0 コメント: