【アロマディフューザーの選び方】 セラピストが考えるアロマディフューザー選択のポイント



カリス成城アロマドロップディフューザーmelilo(メリロ)【10P28Mar14】


お部屋に常にアロマの香りを広げておくことは
フレグランスの意味だけでなく
空気の浄化、殺菌、気分をリラックスさせてくれたり
明るくしてくれたり
とても大切なことです。


お部屋での芳香浴に便利なのが
アロマディフューザー。


サロンでも「お家でアロマディフューザーを
使うのならどのようなものがいいですか」

というご質問を多くいただきます。


スポンサーリンク



◇どのようなディフューザーがいいのか

アロマディフューザーはもちろんきちんと
精油の香りと成分を飛ばしてくれなければ
いけないので機能面が最低限きっちり
していることが条件になります。

いわゆる加湿器についているタイプのものは
ほとんど効果が望めないと思いますので
加湿とは切り離して考えましょう。

精油の成分に熱を加えないで
本来の有効成分を損なわない
という意味では
超音波式か空気圧タイプがおすすめです。



◇インテリアとして重要

間接照明の役割をはたすアロマランプほどでは
ないにせよ、アロマディフューザーがインテリアに
果たす役割は重要だと思います。
モダンな超音波タイプか、クラシックなイメージの
ある空気圧式、ここは好みで選択していいと思います。


◇お手入れがポイント

さて、ここからがポイントですがアロマティフューザーは
アロマの精油、つまりオイルを利用するため
意外と手入れが必要になってきます。

こまめに手入れをしないと目詰まりなど
トラブルの原因になります。

基本的には、シンプルで、お手入れが簡単なタイプ
選ぶことが、アロマを長く楽しむ秘訣だと思います。

立派なディフューザーも、アロマも揃えたけれど
今では埃をかぶってクローゼットの中・・では寂しいですね。


お手入れのラクさいった意味では超音波式が
空気圧式を上回ると思いますが
ひとつひとつ個性がありますので
注意が必要です。


◇ディフューザーは消耗品

もうひとつ、アロマセラピストとして
様々なアロマディフューザーを利用してきましたが
どんなに手入れをしても、アロマをたくさん利用すると
アロマディフューザーは消耗品であるということです。

体験的に、機能が多岐にわたるほど
トラブルが多いです。
精密になればなるほど、なのは
ほかの電化製品も同じかも知れません。


そう考えると、ほんとうに機能はシンプルで
消耗品と捉えて耐久性の高い
値段もシンプルでお手入れが出来るだけ
簡単なものが一番だと思います。

参考になれば幸いです。
便利なアロマディフューザーで素敵なアロマライフを!









●サロンにもぜひいらして下さいね!
奥山修司サロンホームページ

現在のキャンペーンはこちら

お客様の声、コメント


スポンサーリンク


DRETEC アロマディフューザー ホワイト DF-701WT シンプルで安価で機能的なディフューザーが一番。
DRETEC アロマディフューザー ホワイト DF-701WT 
Next
Previous
Click here for Comments

0 コメント: