生理不順、更年期、子宮筋腫、不妊など。婦人系トラブルのお悩みに男性のアロマセラピストが選ばれる理由。



photo credit: Spyros Papaspyropoulos via photopin


女性専用のアロマテラピーサロンを運営していると
非常に多いのが
女性特有の婦人系トラブルのご相談です。

今日はその婦人系のお悩みについて
その問題に男性アロマセラピストとして
どのような気持ちで取り組んでいるか
書いてみたいと思います。



◇病院とは違うアプローチを求めて


当サロンは病院ではなく、癒しのサロンなので
もちろん治療を行う訳ではありません。

ですが、逆に病院などで検査等を受けても
原因不明だったり
なかなか体調が良くならなかったり

薬物治療の副作用を恐れて
アロマテラピーをご選択される方が多くいられます。




スポンサーリンク



◇更年期、不妊・・非常に多い婦人系トラブルのご相談


婦人系のトラブルでサロンを訪れられる方で
多いのは以下のようなお悩みです。

酷い生理痛や生理不順

更年期などによる女性ホルモンバランスの
乱れによるからだとメンタルの不調

子宮筋腫や子宮内膜症といった症状はあるが
薬物治療は行いたく無い場合など。


そして原因が不明の不妊のお悩みなど。


主に、おそらく何らかの原因がホルモンバランスに影響を及ぼして
メンタルと身体にトラブルを起こしていると考えられて

私のアロマテラピーサロンにいらっしゃる方が多いのです。



◇難しい心とからだのバランス


婦人系トラブルは、多くは女性ホルモンのバランスの乱れが
原因であることが多いとされています。

ホルモンのバランスは人間が脳を通して
例えば女性ホルモンのエストロゲン
分泌のバランスを調整しますが

脳は人の心のストレスの影響を強く受けるため
そのバランス感覚を時に低下させてしまいます。
心が原因である場合、
単純に薬だけで解決する問題ではありません。

病院でも非常に心と身体の両面での環境改善が求められる
難しい治療となってきます。



◇アロマテラピーと男性セラピストへの期待


アロマテラピーでは実はこの婦人系トラブルが
一番成果を挙げられているとされる部門です。

その中でも男性セラピストが一番貢献出来る部分と
期待をされています。
西洋では、婦人系のトラブルに男性のアロマセラピストを指名する場合が多くあります。

それは、アロマの精油も男性セラピストのトリートメントも
女性の脳と身体に働きかけて
正常なホルモンバランスに整える力があるためです。




◇女性ホルモンは多く出せばいいものではない


ここで重要なことがあります。
アロマや男性セラピストによるトリートメントは
女性ホルモンを過剰に分泌するのを促すものでは
ないということです。

なんらかの精神的、肉体的トラブルや
加齢などによって
ホルモンのバランスが乱れることが
婦人系トラブルの大きな原因です。

アロマや男性セラピストのハンドトリートメントで
ホルモンのバランスをとる人間が本来持っている
自己調整機能を呼び起こします。

同時に、心からのリラックスで脳をストレスから
解放し、脳や神経伝達
ホメオスタシスといわれる自己調整機能
正しい働きをするように
本来の元気な状態に戻して行きます。


よくアンチエイジング特集などで
女子ホルモンをどんどん出して若返り!などと
書かれた記事もありますが

ただひたすら女性ホルモンを分泌させれば
いいというものではなく

大切なのはホルモンバランスをとる力を
取り戻すことです。

それは自然な女性らしさであり

もちろん更年期等で加齢にともない
女性も(男性も)その力は
落ちて行きますが

少なくとも過剰なストレスなどが原因で
機能低下が起こっている場合
その衰えをゆるやかにすることは出来るはずです。



◇ひとりひとりに合った選択をすることが大切


例えば子宮筋腫。
多くの場合良性で病院でも経過観察を進められますが
進行すると生理の不調や不妊につながるリスクがあります。

子宮筋腫の原因が主に女性ホルモンの一種エストロゲンの
過剰分泌とされています。


これをホルモン剤で抑えようとすると
本来の女性らしさを保つ女性ホルモンの分泌自体が
抑えられるため
今度は更年期のような、心身の不調
肌のコンディションや代謝の低下などが
出てくる恐れがあります。


アロマには自然とそのエストロゲンの分泌のバランスを
良くするとされるものがいくつかあります。
それらを上手く組み合わせ、身体に負担なく
少しづつ体質を改善していくことが
アロマテラピーの狙いです。


現代医学による治療は必ず必要な場面はありますし
それでしか解決できない症状はもちろん多いのです。

ただ、婦人系トラブルの場合はこのように
女性ホルモンといった心と密接にかかわる部分が原因のため
その方ひとりひとりに合った対策を慎重にとっていく必要があります。



◇サロンでの取り組み


私のサロンでは上記のように
病気とは言えないまでも心身の悩みを持たれた
方が多くいらっしゃいます。

私は医師ではありませんので、もちろん必要に応じて
病院での検査、治療をおすすめすることも多いです。

しかし、みなさんに上記のようなご説明を差し上げたあとに
心からの癒しのトリートメントを差し上げると
ご不安がとれて笑顔になられることがほとんどです。

みなさん、とても不安なのです。
悩みをゆっくり誰かに相談することも
とても大切な時間なのです。

まずお話をしっかりお伺いする。

そして、主にストレスの緩和と
アロマの自然の治癒力を利用して
心とからだにアプローチをしていきます。

婦人系トラブルでもどのご相談でも
おもてなしの心で深い深いリラックスをしていただきます。

病は気からといいますが
本当に心のケアが大事になってくるのが
婦人系の悩みだと思います。

アロマテラピーに期待されることも多く
これが、病院とはまた違った
セラピストの役割なのだと
とてもやりがいを持って取り組んでいます。



奥山



※記事にもありますが、サロンは病院ではありませんので
はっきりとした症状がおありの場合はまず医師にご相談下さい。

ですが、医師とは違った形で
男性アロマセラピストとして多くのお力になれると
確信もしております。
お悩みのかたはいつでもサロンにお気軽に
お越しくださいね。



スポンサーリンク

関連記事

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

人気の記事

LINE@友達登録でブログの更新情報をお届けします。

友だち追加数 奥山修司LINE@の友達登録

Instagram フォロー、コメントお待ちしています。