セラピストを目指すあなたに③ オイルセラピーの2つの魅力。医療も注目する「手当てとオイルのパワー」



photo credit: Fiona in Eden via photopin cc


こんにちは、奥山です。
アロマやオイルセラピストをこれから目指す方のために
またアロマやオイルマッサージに関心のあられる方に

今日はアロマテラピーの重要なポイントである
オイルセラピーの魅力について
書いてみたいと思います。

非常に癒しの根源的なところに
関わるオイルセラピー。

これから学びたいかたはその将来性を
十分に感じていただけると思います。

ぜひ、一緒に頑張って行きましょう。

では、どうぞ!


スポンサーリンク



◇新しい医療にも期待されるオイルセラピー


アロマテラピーはオイルを使った
施術によって行われます。

私はもともと、セラピストを志したときは
中国系の整体サロンで技術を勉強していたのですが

ふとした縁からオイルトリートメントの技法に出会い
それからどんどんオイルトリートメントとアロマテラピーの世界に
夢中になって行きました。

オイルトリートメントにはセラピストとして
人をいたわる時に

統合・代替医療が非常に期待されている中
非常に魅力的な要素が詰まっています。



◇手当ての力

オイルセラピー・オイルマッサージ、トリートメントは
直接、人の肌に触れる施術です。

古来から、医療などでも基本は手を使って
人を癒す、「手当て」が治療の原点でした。

現代の私たちでも
なにかの症状で大切な人が苦しんでいるとき

たとえばそれが、外的な症状でなく
心の傷を負って落ち込んでいるときなどでも

そっと寄り添って相手に手を添えたり
背中をさすってあげたりということを
無意識にしています。


また、逆の立場でも
そって手を当てられることで
とても気持ちがが楽になり
症状が落ち着いたような気分になることは
誰しも経験されていると思います。



◇タッチセラピー

このように、手当ては非常に重要な癒しの行為で
それがとても有効であるからこそ
無意識にそれをすることで
人の痛みや症状を緩和しようとしているのです。


これらをタッチセラピーや
タッチングセラピーとよぶこともあります。

タッチングを通して
エネルギーの交換をして
癒しを行うセラピーも数多く
研究され、実践されています。

手を触れる、という行為は
それだけで十分に癒しになる
重要な技術になります。


オイルセラピーは究極のタッチセラピー

マッサージや整体など
人に直接触れる施術はある意味
すべてタッチセラピーと言えますが

洋服の上からでなく
直接肌や身体に触れるオイルセラピーは
究極のタッチセラピーと呼べるでしょう。

微細な感覚や、体温などを通して
セラピストはお客さまと対話をします。

非常に繊細な心遣いや技術を求められますが
その分、非常に高い癒しを提供することが
出来るのです。


自然の恵みの宝庫・・植物オイル


もうひとつ、オイルセラピーの重要な魅力があります。

それはオイルセラピーのベースとなる
植物オイルそのもの自体が

自然の恵みを豊富に含んでいて
心身を本来もつ健康な状態に
改善していくということです。

一例をあげると

オレイン酸を豊富にふくむオリーブオイル
血栓をふせぎ、心筋梗塞などの予防が期待され

パルトミオレイン酸を多く含むマカダミアナッツオイル
肌や細胞の若返りのアンチエイジングオイルになり

イブニングプリムローズオイル
神経のバランスを整え、自立神経関係のトラブルや
不眠、うつの改善が期待されています。


自然のビタミンなどを非常に多く含むオイルは
歴史の中でも非常に豊かな人しか
使うことの出来きなかった栄養分の宝庫です。


肌から吸収され、血流やリンパを通して
全身をかけめぐる栄養分が
おだやかに心身を整えて行きます。

これは、サプリメントや薬とは全く違う

非常にナチュラルで身体に負担の少ない
美容と健康法として

大きな注目をされています。



医療機関、メディカル従事者も注目


これら素晴らしい手当てと
オイルの魅力を用いて

正しい知識と、磨き上げたテクニック

苦しむ方の心と身体を癒していくのが
オイルセラピストの役割です。

人は病気になれば病院に行きます。
ときに長期間の投薬や、治療が必要なことも
ありますが

困難を伴う治療には心と身体の両面のケアが
必要であり
今までの医療ではその中でも
心のケアの不足
指摘されてきました。


そんな中、これからの医療を支えるケアとしても

オイルトリートメントの心と身体への
癒しの力は医療機関でも注目をされています。


治療と、セラピーは違うものですが
相互に補完しあうものであり
お互いのいいところを組み合わせることで

たとえばガンや心の病気など
従来の医療でなかなか解決が難しかった問題や

困難な病を持った方がより不安無く
治療に望めるために
非常に大きなサポートになるでしょう。

統合医療として、医療関係者からも
このアロマやオイルセラピーへの
大きな期待が注がれています。



アロマ、オイルセラピストに出来ること


いつもこのブログで書いていますが
セラピストが癒すのは最終的には
人の心です。

身体に触れ、そのストレスを緩和しながら
苦しむ方のストレスや不安を取り除き
人生を豊かにしていただくこと

それが出来るのがセラピストの存在意義です。

それはとても難しいことなのですが
一生をかけて追求しがいのある価値のあることです。

中でもオイルセラピーは非常に
大きな可能性と魅力を含んでいます。


私自身もこれからも
もっともっとこの魅力あるセラピーを
追求していきたいと
日々強く思っています。

ぜひ、この魅力的なオイルとセラピーの世界
一緒に追求をして行きましょう!













●サロンにもぜひいらして下さいね!
奥山修司サロンホームページ

現在のキャンペーンはこちら

お客様の声、コメント



スポンサーリンク

Next
Previous
Click here for Comments

0 コメント: