ローズマリーの驚くべき効能・効果①/他の精油との違いを際立たせる特徴・脳活性化のハーブ



photo credit: mek22 via photopin cc



本日はサロンでも非常に活用頻度の高い重要な精油
ローズマリーについて書きたいと思います。

ローズマリーは非常にユースフルな精油で
ラベンダーと並びアロマテラピーには欠かせない精油です。

サロンでもとても活用の場面が多いのです。




◇伝統的な多岐な効能を持つハーブ

淡い青色の美しい花をつけるこのハーブは
ヨーロッパ全土に野生していますが
特に地中海など海の近くに多く生息しています。

これが「海のしずく」と呼ばれる
ローズマリーの名の由来です。

歴史的にも非常に古くから
医学でも利用されてきたハーブでした。

このブログでも度々取り上げていますがローズマリーの効能は
非常に多岐に渡り、驚くほどです。

ざっと上げて見ましょう・・。



スポンサーリンク





◇ローズマリーの驚きの広い活用範囲


・筋肉を弛緩させて肩こりや筋肉の緊張を和らげる。

・血行やリンパの流れを良くして余分な老廃物質の排泄を促し
むくみをとり、デトックスをしてくれる。

(特に上の筋肉の疲労緩和とデトックス作用はサロンで利用する
ことが多い原因になります)


・強い抗菌効果で感染症を予防する。

・気管系のトラブルにも良く、のどの痛み、喘息
鼻炎や花粉症にも良い。

高い鎮痛効果で頭痛や腰痛、関節痛などを和らげる。

内蔵機能を高め、血中コレステロールを下げるため、心臓や肝臓の疾病にも
効果が期待されています。



◇記憶のハーブ

これだけ多岐にわたる効果の中でもこの精油の
存在感を高めているところは

この精油が他の多くの鎮静系の特徴を持たず
逆に覚醒する作用を持っているということです。


ローズマリーは中枢神経系への刺激効果が非常に高く
感覚を研ぎ澄まし、脳の細胞、神経伝達を刺激、活性化することで
非常に精神がクリアになったように
感じる効果があります。

いわゆる頭脳明晰効果
記憶を司る脳の海馬を刺激するこのハーブは
古くから記憶のハーブとして利用されてきました。


現代になり、脳の細胞の老化を抑えるものとして
アルツハイマー病などに
効果が期待され、研究が進められています。


日常の生活では、記憶力や集中力が必要とされる
仕事や勉強の際に
思考プロセスが刺激されることで
目覚しい効果が上げられます。


(ちなみに、私は、眠けをとりたいときにローズマリーを単品で、またはペパーミントなどと
ブレンドして、頭をマッサージします。

コーヒーを飲むより、はるかにナチュラルで持続性のある
覚醒効果で眠気と疲れがふっとびます・・!


ただ、くれぐれも夜寝る前に使用しないで下さい
朝まで何かすることを探すはめになります!・笑)



◇全身をコントロールする脳へのアプローチ


この脳への活性効果がローズマリーを他の精油との違いを
を際立たせている特徴と言えます。

脳は全身の体調をコントロールしています。
アロマテラピーは主に嗅覚を通して
この神経を司る脳にアプローチする療法ですから

ローズマリーが全身の健康に与える影響は
非常に大きいものと言えます。


------------------------------------


ローズマリーは非常に重要な作用を持った精油なのですね。

そして、もうひとつ、重要な効果がこの精油にはあります
が今回ままずはこのぐらいで。


続きは次回の記事でご紹介させていただきます。



※ローズマリーには血圧を上げる作用があります。
高血圧などの問題を抱える方はご使用はお控え下さい。
医師にご相談下さい。




メディカルグレード・オーガニックで安心のプラナロム・ローズマリー。




ローズマリーの驚くべき効果・効能②/美肌とアンチエイジング・ハンガリアンウォーター








●サロンにもぜひいらして下さいね!
奥山修司サロンホームページ

現在のキャンペーンはこちら

お客様の声、コメント


スポンサーリンク

Next
Previous
Click here for Comments

0 コメント: